中谷 友星(なかたに ゆうせい)

名前:中谷 友星( なかたに ゆうせい )
生年月日:1982年12月17日
出身地:大阪
出身校:日本体育大学
担当レッスン:エアロビクス、STEP、ラテンエアロ、パワーヨガ、BAILA BAILA、MEGADANZ、Latin EX con SALSA®︎など
HP:http://yuseinakatani.dddblog.jphttps://www.ukkys.com
契約ウェア会社:FREDDY
オススメのサプリメント:Xプロージョン(抹茶・チョコ)Xテンド BCAA

エクスプロージョン ホエイプロテイン 3?(約100食分) [抹茶オレ味] 国産

新品価格
¥5,980から
(2019/7/4 18:10時点)

中谷さんがこの業界と出会ったのはいつ頃ですか?

中谷ーエアロビクスに初めて出会ったのが中学3年生の時でした。1才の頃からイトマンスイミングスクールに通っていました。ジムも併設しているところで、母親がエアロビクスのレッスンに出ていました。自分は中学校の部活を引退して暇だったからジムでマシンを使っていて、母から「せっかくならレッスンに出てみたら?」と言われて入ったのが初めてでした。

青貝ー中学3年生?早いですね!

中谷ー母親や先生がレオタード着ていて、グレープバインやフライクロスでヒューヒュー言ってた時(笑)もうね、ドン引きでだったよー。今、見ると「素敵なお母さん」なんだけど、子供からしたら、「あの格好は・・・」って感じだったね。だから、もう二度とやらないと思ってた。

青貝ー私と中谷さんは同世代で、私的にもレオタードってドラゴ◯ボールの亀仙人がテレビで観てるアレってイメージだなぁ。

中谷ーそれから、間が空いていてますが、大学生になってエアロビクスの大学選手権に出たりしていました。大会に出たり、インストラクターになろうと思ったキッカケはある先生がきっかけでした。

キッカケになったという先生は誰ですか?

中谷ー伊藤まどかさんです。大学2年生の時に近所にフィットネスクラブができて、母親のすすめで入会しました。トレーニングやランニングマシンをしてても、やっぱりスタジオが気になって、スタジオを見た時にレッスンをしてたのが伊藤先生だったの。日曜の朝一の中級のエアロビクスのクラスでした。
初めて見た次の週に、すぐに参加したんだけど、撃沈しました。体育大生の若い時だったから「こんなもん、すぐできるでしょ。」と思ってたのに、全然できないの!!

青貝ーわかる!私も高校生の時に初めてエアロ受けて同じ気持ちだった!!
ついていけないのよね(笑)

中谷ーそこで出来なかったからか、次の週も負けじと参加しました。その時、バッククロスが出来なくて、伊藤先生がレッスン中に自分の目の前に移動してくれて解りやすく見本を魅せてくれたの。それはすごい覚えてる。

レッスンに出るようになって間も無い時、「この仕事、どうやったら出来ますか?」って聞きました。先生はどうしたらいいか1から10まで全部教えてくれました。

インストラクターになろうと思ったのは先生に憧れてですか?

中谷ーインストラクターの服装が楽だったからです。伊藤先生の着ていたウェアーがカッコよかった。「この仕事って、こんな格好でできるんだ」と思いました。
OLさんみたいに制服も無いし、服装が自由。あとは男女の違いが無いというところですね。他の職種だったらあるはずの男女の区別がない。かつ皆が同じで楽しめるもの。魅力を感じたのは、そこじゃないかな。

大学の時にスポーツクラブでバイトしていましたか?

中谷ーティップネスでやってました。それも伊藤先生からのアドバイスです。「裏を知っていた方が良い」ということで始めました。大学3年生の時には、バイトをしながらティップネスのエアロビクスの養成コースに通っていました。養成は週に3回ありました。エアロビクスの基礎科と応用科を受けました。

青貝ー学業・バイト・養成コースと3つ同時はすごい!!スーパー学生だね。

中谷ー大学4年生の4月にインストラクターとしてデビューしていました。デビューが早かったということもあり、沢山のインストラクターの方々にお世話になり、色々と支えていただきました。

当時は21歳のインストラクターは珍しく、若くて体力もあるという事で受けたオーディションはほぼ全部受かりました。

平日の夜・土日はレッスンとスタッフをしていました。平日の昼間はほぼ授業に出ていたのですが、長期の休みの時は代行をたくさん受けました。当時はインストラクターがIDEAなど海外に出ている人も多く、多い時は週30本ぐらいレッスンをしてましたね。

大学卒業後、フリーになったのですか?

中谷ーそうですね。卒業前には、スタッフは抜けて完全にフリーのインストラクターで活動していました。
エアロの養成を出てすぐに間もない時に、竹ヶ原佳苗先生が講師のアスリエのステップ養成コースに行きました。
ステップの養成に入る前に、シンメトリーの指導方法がわからなくてJAFAフォーラムで竹ヶ原先生の講座に参加した時、初めて会ったのに「パーフェクトシンメトリー教えてください」って言った気がする(笑)若いって本当に怖いね〜
スポーツクラブでの竹ヶ原先生のレギュラーレッスンはいつも整理券だったりお客様が多く受けれる機会がなかなか無かったので、JAFAフォーラムで竹ヶ原先生の講座を受けまくった!!

その後に、ティップネスにエアロで合格しました。その時はすでにティップネスにヨガが導入されていて、ヨガを教えれるように社内研修を受けましたね。その時の講師が赤沼直美先生。赤沼先生は、自分のことを知ってくださっていた様で、研修の時に「待ってたよ」と言ってもらえて嬉しかったですね。  ただその時の社内研修では、全くヨガできなかったの!!

青貝ー時代だよね〜。その当時、大学の授業でエアロはあってもヨガとか無かったもんねぇ。

中谷ーでもレッスンしなきゃいけなかったから、この時もひたすら赤沼先生のレッスンを受けまくった!!受けれるレッスンは限られていたけど、何が何でも受けて受けて受けて・・・
そしたら赤沼先生に、「心とお金に余裕があれば、養成受けたら?」「タイミングじゃなければいいけど」って声をかけて頂いて、「じゃあ、行きます!」という流れで養成を受けに行きました。

青貝ーでは、ヨガは始めは社内研修のみだったけれど、もうちょっと頑張りたいと思って、赤沼先生がやっている養成コースにも自ら受けに行ったんですね。

中谷ーそう!社内研修だけでは自分は無理だと思い、パワーヨガの養成コースの基礎科と応用科と応用科と・・・応用科はもう何回受けたか解んないぐらい受けました。
 でも若い時ってすごいよね(笑)「どうやったらいいですか?」って全部そうやって聞いてやってきたね。

最初は、まどかさんのレッスンを受けまくり、エアロビクスの養成中は、宇津城久仁子先生のレッスンを受けまくりました。宇津城さんにはレッスン後に動作をみてもらったりしました
パーフェクトシンメトリーを学びたくて竹ケ原先生のレッスンを受けまくり、ヨガを学ぶために赤沼先生のレッスンを受けまくりました。
大阪に帰省した時は必ず三浦 栄紀先生のレッスンを受けています。三浦先生には、大学生の頃から何かしらお世話になっていて、いま僕が1番お会いしている方です。

青貝ーへー面白い!!

中谷ーその後に、金子智恵先生のラテンエアロビクス養成に入りました。で、これも同じ!金子さんのラテン見て「どうやったらラテンできますか?」って聞いて入りました。
金子先生のラテンを初めて受けた時、「すごい!パワフルで力強くてかっこいい!自分もやりたい!」って思ったの。この時も、ラテンを学ぶために金子先生のレッスンを受けまくりました(笑)

当時は、今みたいにプレコリオのダンス系があった時期ですか?

中谷ーまだ今みたいに盛んでは無かったけれど、ほぼ同時期にBAILA BAILAをレッスンで担当していました。

青貝ーそうだ!BAILA BAILAvol.1からライセンスを持ってるよね。
BAILA BAILAを初期からやっている人は今となってはかなり珍しいよね。

中谷ーそうそう。その時も、ティップネスの社内で(レッスンができる)ホワイトというライセンスを持っていて、その後に自分で(イベントもできる)ブロンズを取得しに行きました。フィットネスセッションのお披露目や青山スパイラルなどで行ったイベントにも出演しましたね。

青貝ーその他にも、ラディカルのライセンスも持ってますよね?

中谷ーそうですね。コナミに入ってるのもあり、会社の関係でやってますね。

プレゼンターとして出たのはいつから?

中谷ープレゼンターって何からか?が難しいけど、フィットネスジャーナルの「エアロビクスの冒険」に出させてもらったり、それぐらいかな?
プレゼンターになりたくてやってる訳じゃ無いからね。イベントレッスンの経験はほとんどない中で、レッスンを担当させてもらった感じかな。

その他にもエステで働いたり、歌舞伎町のショーパブで働いたりもしました。ベースは変わらずに「興味があることをやってる」かな。去年はRubyとかHTML(プログラミング言語)とかやってたからね。

パソコン関係はここ最近ですか?

中谷ーいや大学生の時には既に自分でHPを作っていました。パソコンいじるのは母の影響もありました。母がパソコン教室の先生をやっていました。母は、実は色々な事業をしてて、「これがいい」と思ったらすぐに事業を始めるタイプで、だいたい物事が流行る2年前ぐらいには、事業をしている人なんです。


青貝ーすごい!先見の明があるんですね。私が大阪で仕事をしていた時に、中谷さんのレッスン受けた事あるよってお客様ががたくさんいました。

中谷ーハッピーエアロや、各地のイベントでレッスンを担当させていただきました。スマイルチャリティでは、スタッフとしての方がお客様の印象は強いかもしれません。

青貝ー中谷さんは魅せる能力が高いなと私は思っています。

動作はどこで学んだの?サバイバルエアロ時代に培ったの?

中谷ーサバイバル時代はどうしても魅せる事ができなかったですね。「もっと魅せなきゃだめだよ!」って周りにも言われていました。(苦笑)
 動作スキルをあげるのには、時間をかけましたね。増子俊逸先生の動作スキルアップのスクールに行きました。増子先生からは、レッスンで活かせるエアロビクスの正しい動作を教わりました。
動作スキルが無いとオーディションに受からなかったし、当時は動作スキルが最優先だったからね。

青貝ー少し前のインストラクターオーディションは、動作スキルのチェックで振り落とされてましたね。じゃあレッスンとかで自分で「少しずつ魅せれるようになったなぁ」と思えるようになった時期はありましたか?

中谷ーう〜ん・・・レッスンでは出さないからなぁ。レッスンは自分のパフォーマンスの場所や目立つ場所じゃ無いからね。お客様には、自分の動きに集中して欲しいと思っているので、魅せる動きは出していないですね。

自分の目標としてる先生は松澤泉美さんや今掘裕子さんで、その先生方って歩くだけで綺麗で、動きに説得力がある。でも、ご本人は魅せてる意識が無い。ふって止まるだけでもかっこいいじゃん。自分はそこにはまだまだ辿り着かなくて・・・自分が理想とするインストラクター像ってそこかな。「みんなが憧れる先生」って感じかな。

青貝ー確かにハイキャリアな先生って「先生」だよね。お水を飲む動作一つだけでも綺麗だよね。

中谷ーそうなの。自分はプレゼンターに憧れた訳じゃなくて、「指導者」に憧れてこの世界に入ったからね。

青貝ー私的にはウッキー=プレゼンターってイメージでした。今回のインタビューで少しはっとしました。

中谷ー前途したようなイベントに出演はしていたけど、ベースは「指導者」かな。

今後やりたいことは何ですか?

中谷ーヨガかな。ヨガに関する知識も深めたいかな。
インストラクター対しては「自分を発信する手伝い」をしたいかな。ブログを更新するだけが正解ではなくて、誰に見てもらいたいのか?って掘り下げたい。自分の知ってる人しか見てもらえないって、それって勿体無くて。

青貝ーインターネットの可能性ってもっとあるよね。

中谷ー今は自分たちのことを知ってるお客様にしか発信できていないと思う。
ブログを書けなかった人が書くようになったことはすごいと思う。アイキャッチとかぐちゃぐちゃでもゼロがイチになるだけでもすごいと思う。
それができないと、もう置いて行かれる時代になってきていて、自分がやらない限りどうにもならないなと思っています。どう引き上げるかを考えています。


レッスンを通じてお客様に大切にして欲しいことは何ですか?

中谷ー生活のリズムの中にフィットネスがあること。
全部を投げうってまで、レッスンに来てとは思わなくて、年末年始前には「大掃除を終わらせてから来てね〜」って言うようにしている。
1週や2週、来れなくても必ずまた来てくれるのは解るしね。レッスンが一番ではなくて、生活の中にレッスンがあるようにして欲しいと思っています。

※掲載内容は、2019年の取材時点での情報です。最新の情報は、オフィシャルHPやブログ等をご参照ください。